*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
ジャック、虹の橋を渡りました。
11月23日、午後2時頃、ハナの兄弟ジャックが虹の橋を渡ってしまった。
14歳と7ヶ月だった。
ご家族が見守る中、静かに息を引き取ったそうだ。
一番可愛がってもらっていたお孫さんは涙、涙で自室に篭ったままだそうだ。




昨日、ジャックに会いにいったばかりの私は信じられない気持ちで
いっぱいだ。いまだに信じることができない。
ご飯を食べる量が減ったとは聞いていたのだがおやつも食べたし、
軽くお散歩もしたのだ。

ジャック1

ジャック2


虫の知らせというのだろうか。
先日会いに行った時にわかった病気。そして昨日、、、、、、
ハナの分身だと思い、ジャックが長生きできるよう願っていたのに。
なんだか、ハナが二度亡くなったような気がする。
それほど、ショックだ。もう少し頑張ってくれると思っていた。

ジャック4

ジャック5

今ごろあちらで兄妹が再会をしてこちらでのことをお互いに報告しあって
いるのだろうか?
その中で私のこともちょっとは話題になっているのかなと思う。

ジャック6

ジャック7

ジャックの冥福を心より祈りたい。

※画像は亡くなる前日のものである。



スポンサーサイト
その後のジャック
先日ハナの兄弟のジャックに会いに行ってきた
ジャックのおやつ、そして菓子折り(笑)とわんこの服を持って

を掛けて様子を伺った時にこれから寒くなるので子供の
服でも買って着せようかと思っていると聞いていたのでそれならば
ハナお下がりではあるが、服を3枚持って出かけた
(亡くなった子のなんて嫌だと言われたら持って帰ろうと思ったが)

お宅へお邪魔するとジャックは静かに寝ていた

ジャック2

生憎ジャックの面倒を主に看ているお孫さんは外出中だったが
おばさんに色々話を聞いた。

ジャック1

首の状態は相変わらずだが、食欲はあるとのこと
ごはんもしっかりと食べるので最近ちょっと太ってきたとのこと
夜鳴きをする時もあるのでやはり薬の投薬をしているとのこと
(痴呆が出ているんだなぁと思う

ジャック3

つい最近のこと、驚いたことに鎖が切れたか、切ってだか、家の前の道路を
渡ってしまい(よく車にはねられなかったと思ったハナも
そうだったようにこの兄妹はなかなか上手く車を避けるようだ 笑)
近所の側溝にはまっていたそうだ

ジャック4

持っていったおやつを早速あげてみた
豚軟骨のおやつだったが、ものすごい勢いで食べてくれた
(必死だったので画像がない

ジャック6

少し歩かせてみたらたっぷりとおしっこをした

その後、ジャックは自分で毛布をホリホリしてお昼寝体勢に入った。
「辛いけど、がんばるんだよ」と言って撫で撫でしてきた

ジャック8



今日から東海地方には真冬なみの寒気が流れ込んで寒くなると
いうことだが、ジャックの体に差し障りがなければいいと思う。

また、ジャックにもいずれその日が来るのは確実ではあるが、
少しでも苦しくなく、また穏やかな日々を過ごしてほしいと心から
願うばかりである。




ジャックに会ってきた
11/3にハナの全兄弟のジャックに会いに行ってきたが、その時の様子を
書こうかどうかすごく迷った。
しかし、事実として書こうと思った。私にとってはとても悲しいことだったけど

チョコを連れて、ジャックのおやつと菓子折りを買って張り切って出かけた

ジャック宅に着いて車を停めて歩いて行くと犬小屋にジャックの姿が見当たらない
もしかして、亡くなった???まさかねと少々不安に思い玄関に向かう。
あっ、いるいる。ジャック~と呼びながら、犬小屋の隣に作られたスペースへ
行ってみた。
あれ、おかしい、ジャックの首が曲がってしまっている

ジャック1

「おばさん、こんにちは。ジャック首が曲がってるけど、どうしたの?」と聞いた。

お家の方全員が出てこられ、ジャックの病状について教えていただいた。
1ヶ月ほど前に突然倒れ、動けなくなったので獣医さんに連れていったら
「脳梗塞」とのこと。
手術をするのは年齢的なこともあり不可能であるということ。

ジャック2

獣医さんから出された薬、点滴で何とかここまで回復したと言われる。
2~3日前までご飯も食べずに立つことも出来なかったとのこと。
もうダメだと思ったがここまで回復してくれて喜んでいると言われた。

他にも白内障、痴呆も少しあり、夜鳴きをしたためご近所から苦情があり
薬(睡眠薬と思われる)を飲ませたが、今は夜鳴きをすることもないため
投薬を止めているとのこと。わんこも年を取ると人間と同じなんだなと思った。

ジャック3

私がいる間にパクパクご飯を食べ、お水も飲み、脳梗塞のせいで一方方向に円を
描くようにしか歩けないが、何とか歩いている
おしっこもちゃんと脚を上げてしていた

ジャック4

こんな姿のジャックをみて私はすごいショックを受けた
ハナの闘病中の姿と重なり、辛い気持ちになった

ジャック6

「虫の知らせ」というのだろうか。
ジャックに会いに行こうと思ったのはこの日の2日前のことであったのだから。

お孫さんがジャックの首を持ってくれてカメラに向けてくれた

ジャック5

一緒に行ったチョコがジャックを見て吠える。そうしたらジャックも元気な声で
吠え返してくれた

ジャック7

今までジャックに触ることもできなかったけど、たくさん撫でて、触ってきた。
ジャックになら咬まれてもいいやと思った。

頑張ってハナの分まで長生きしてくれなきゃと思い「ジャック、頑張って」と
心を込めて頭を撫でた。
ジャックがこれ以上悪くならないように、少しでも回復して辛くない犬生を
送ってほしいと心から願う。

ハナ、ハナのお兄ちゃんが苦しんでいるよ。あちらからエールを送ってあげて。
お願いだから


ハナの兄弟
ハナは9匹兄弟姉妹だった
前にも書いたが、一番の売れ残りだった(笑)

こう言った書き方でよいのかちょっと疑問だが、(競走馬みたいな書き方)
全兄弟とは父母が一緒、半兄弟とはどちらかが違うと言う意味だ。

ハナの全兄弟は偶然にも隣の市の私の父方の伯母の家にもらわれてた
(すぐには分からずに2~3年あとに判明した)
ジャックと名付けられ今でも元気に暮らしている

P253i0013566252.jpg

確か、ハナが5~6歳の頃一度会いに行ったのだが、外飼いで♂の
未去勢とくれば番犬気質が強いのだろう、滅茶苦茶吠えられた

P253i0013500710.jpg

ハナも一緒に連れていったため、感激の兄妹ご対面~なんてちょっと
期待して行ったのだが、車ごしの対面をさせてみたらお互いにえらい勢いで
吠えまくっていた
そばに行って触るなんてとてもじゃないできるような状況ではなく一緒に
行ってくれた従妹とそそくさと帰って来た
それ以降、まったく会いには行っていなかった

P253i0013435173.jpg

P253i0013107440.jpg

そして、ハナが亡くなってから、5月のGWにどうしても会いたくなって
会いに行ってきた
さすがに年を取ったジャックは穏やかになっていた
その頃まだデジカメを持っていなかったため携帯で撮った画像をUP
全兄だけあって本当にハナによく似ている
特に斜めから見た横顔がそっくりだ

P253i0013172977.jpg

ジャックは少し吠えはしたものの、頭をなぜさせてくれたし、お散歩にも行かせてもらった


今では犬も外飼いの子は少なくなってきて室内飼いの子が多くなってきている。
ハナは室内で飼っていたのだが、ジャックは外飼い。
外飼いがいけないというわけでもないが、やはり病気の発見は遅れるのではないかと思うし、
飼い主との意思疎通も室内飼いの方がよく図れるとは思う

ジャックには長生きしてほしいけど、なぜ外飼いのジャックよりハナの方が
先に逝ってしまったのか、、、と正直思う。

P253i0013369636.jpg

P253i0013238516.jpg

一緒に行ってくれた従妹は私がそうつぶやくと、
「ハナは過保護すぎたんじゃないの」
と一言。そうだったのかなぁ

また近いうちにジャックに会いに行こうと思っている

P253i0013304053.jpg


プロフィール

junjun

Author:junjun
FC2ブログへようこそ!
亡きハナを思いつつ、2歳で我が家に迎えたコーギーのチョコ保護犬から生まれた腕白アルフと暮らす日々。そんな中ご縁があって妹クルミが仲間入り♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
いつでも里親募集中
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2840位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1516位
アクセスランキングを見る>>