ハナの半弟

前回の全兄弟に続いて今回は半弟について書こうと思う。

4歳年下の半弟もお隣の市の私の従妹の家にもらわれていった。
ケンケンと名付けられ、今年で10歳になったのだが、元気いっぱいに暮している

ケンケンは2匹兄弟だった
従妹がその日は都合が悪く私の選目を信用して私に選ばせてくれた
もう1匹は白の部分が多く、ケンケンのほうがトライカラーが綺麗だったし
元気もあった

やっぱりケンケンも3000円の菓子折りと引き換えに無事従妹の家の子になった
その日は我が家で一晩お預かりをした
本当は3~4日預かりたかったのだが、従妹からNGが出た(笑)

けん2

とってもかわいいパピーちゃん

けん3
(太い足はスルーしてください 爆)

その時のハナの反応はどうだったのかまったく記憶にない
たぶん、隔離していたと思うのだが。


従妹はとっても心配症で育児の本を買って勉強して、少しでもおかしいとすぐに
掛けてきた。
ケンケンはなかなかの役者のようでかまってほしかったりするとそんなに痛くもないのに
びっこを引いてみたりしたそうだ

そして虚弱体質のようで私に「本当に元気な方だったのか?」としつこく言われたものだ
(今では笑い話になっているけど)


ケンケンとハナは休日に我が家の近くの公園でよく遊んだものだ

はな17

いつものお散歩のつもりでその公園に行ってケンケンが一緒だとわかるととても残念そうな
顔をしていた(笑)

ケンケンはハナが好きだったみたいだけど、ハナはお気に召さなかったようでいつも
迷惑そうな顔をしていた
でもこんなふうにはじけていた時もあった


はな12

はな13

ケンケンにもハナの年齢以上に長生きしてほしいと願っている


スポンサーサイト

2008/10/30 02:14 | ハナCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |