ハナの想い出(Ⅳ)

ハナは根っからの犬嫌いだった。
3年間生活を共にしたチョコのことも
残念ながら大嫌いのようだった


ハナチョコ1
(チョコに威嚇され戸惑うハナ)


チョコも犬嫌いで気が強いときていたし、ハナはハナで
自分が先住犬としてのプライドもあったのであろう
流血事件も5~6回あり、私もずいぶん悩んだのであった。


ハナチョコ3
(チョコは笑顔だが、浮かない顔のハナ)



ケンケン(ハナの半弟)とはケンケンがパピーのころから
何度も会っていたのであるが、最後まで仲良くできなかった
ケンケンと一度流血事件を起こしている


ハナケン1

ハナケン
(ケンケンと遊ぶハナ)


ケンケンがしつこかったためにカッとしたハナがケンケンを
かぶりとやってしまったのた
ケンケンは目の近くを負傷
それでもめげずにケンケンはハナのことを好きでいてくれた



   ☆          ☆



ところでハナの生前中、私は2頭の迷い犬を保護したことがある。
一頭は近所に捨てられていた黒い子犬
もう一頭はスーパーでうろうろしていたハスキー犬


子犬はすぐに里親さんが見つかった。我が家に滞在したのは
わずか3日。友人の実家へともらわれていった
独占欲が強かったハナ。おやつを与えようとまずハナに。
そしてその子犬にあげようとしたら、ハナがすっ飛んできて
その子犬の耳にがぶりとやってしまったのだ



もう一頭のハスキー犬は外で保護していた。
散歩は一緒に出かけていたが、外での保護だったからか、
ハスキーの体が大きかったからか、ハナはまったく無関心を
装っていた。

ハスキー犬
(ハスキー犬はイメージです)


このハスキー犬はなかなか里親さんが決まらなかった。
(今のようにネット環境になく知り合いに聞くといった具合であった)
家族からは大型犬であったこともあり、早くなんとかしろと
再三言われていた
知人、友人に聞いてみるものの、だれもがいらないとの返答で
あった。
途方にくれた私は保護したスーパーで里親募集のチラシを
貼らせてもらった。


保護して40日あまりたったある日、電話があった
隣の市の方がハスキーをもらってくださると言う。
スーパーのチラシを見た子どもさんがご両親に
「このワンちゃん、可哀想」と訴えたとのこと。
ご家族全員に望まれて晴れてN家の子となった



そのハスキーは「竜姫(タツキ)」と名づけられ
(辰年のことであったため)大変に可愛がられいたので
あったが、N家の子になって2年余りでフィラリアのために
亡くなってしまった
私もお葬式に呼ばれ竜姫は手厚く葬っていただいた。


   
  ☆          ☆

 

ハナのことからずいぶん脱線してしまったのだか、そんな
犬嫌いのハナであったのに私は多頭飼いに憧れ安易にチョコを
迎えてしまった


ハナチョコ2
(雪が降った時のお散歩でのハナ、チョコ)


ハナはそのことに関して怒っているだろうなと思う。
このことはハナに会ったら謝りたいことの一つである。


ハナ3

ハナ2
(私とチョコの先を歩いて行くハナ)


しかし、よい点が一つだけあった。
チョコを迎えるまではずいぶん老け込んで、ほとんど
寝てばかりだったハナがチョコが来たおかげで若返った
ように思う。

老けていた顔が、少し若々しくなったと感じた


ハナ
(一番老けているなと思った頃のハナ)


今回はハナの犬嫌いについて書かせていただいた。

また折にふれ、ハナの想い出も綴っていきたいと思う。 

長々と読んでいただき、ありがとうございました


スポンサーサイト

2010/02/19 01:16 | ハナCOMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

こうしてどんな事でも 思いだしてあげる事が
ハナちゃんには 一番嬉しい事なのですよね
ハナちゃんきっと人一倍 独占の強い子だったのでしょう それだけにjunjunさんへの思いは 強い子だと思います

そうワンコもやはり若い子と一緒にいると気が若くなります
エルを見ていて本当に良く分かりますもの・

ハナちゃんもきっと今ごろ見て 笑っているかもしれませんよ

No:1697 2010/02/19 10:51 | ランまま #- URL [ 編集 ]

そうですね・・・
今日は19日ですもの、
いつもより いっぱいハナちゃんのことを想って過ごしたいですよね、

ハナちゃん・・・
もしかして お母さんを見てて、
自分も 「ヒト」 だと思っていたのかも~ (^^;)

自分より若い子と一緒だと
若返る、って あるみたいですよね~
あと、 姉妹がいると、やっぱり刺激し合って良い点が
いっぱいある・・・って 獣医さんは仰ってました、
ウチも そのパターンです、
ウチは幸い仲良くて良い関係で助かってます (^o^)丿

ハナちゃん お母さんを独占したかったんですね
そんなところも めちゃめちゃ可愛いですね、
今日は ハナちゃんの夢 みたいですね~ (*^_^*)

今夜もご馳走なんでしょうね
きっと ハナちゃんも楽しみにしているはず~ (^_-)-☆

No:1698 2010/02/19 17:41 | 星月きらりん☆ #YQnxmC9w URL [ 編集 ]

No title

人間でも、どうしても気が合わない人っていますからね。
やっぱり犬にも何かあるのでしょうね。
ハナちゃんとチョコちゃんにも。
でも手に負えないほどの仲の悪さじゃなかったみたいだから
きっとハナちゃんはわかってますよ。
junjunさんの事を怒ってなんていないですよ。
老犬を元気にさせるには、子犬を迎える事が一番良いって言いますよね。
ハナちゃんも心の底では
チョコちゃんがいてくれて良かったって思ってますよ。

個人で迷い犬を保護するのは大変だったでしょうね。
でもみんな幸せになったみたいで、苦労も報われますね。

No:1699 2010/02/19 23:11 | チャコぼす #- URL編集 ]

No title

うちのアンにも言えることだけど、やっぱりワンコが苦手、ってのは新たに家族として迎えるときに悩みますよね・・。
気が合う子もいるけれど、大半は『あんた誰よ~~!!』って勢いで・・。
そんなアンにとってはMARINのマイペースさやKYな部分は逆によかったみたいです。
二人とも気が強かったり、喧嘩っ早かったりしたらきっとうまくはいってなかっただろうから。

でも、やっぱり、うちのANJELAも、ホントは一人っ子で居たかったのかな?って時々思いますよ。
甘えん坊でわがままで、自己中で・・、そんな娘ですからね・・。

ハナちゃんにとって、チョコちゃんというライバルが来たことで、junjunさんからの愛情を独り占めすべく刺激になったのはよかったですよね( ̄∀ ̄*)イヒッ
一人っ子だったら、ぼ~~っと過ごしちゃっていたかもしれませんもん♪

No:1701 2010/02/20 01:11 | AMママ #dhgl4NAA URL編集 ]

No title

本来、群れで狩りをするビーグル犬の場合
他犬を受け入れやすい犬種ので多頭飼いに向いているって言われていますけど、
今は、生まれる場所、親と引き離される時期、幼少期の社会化の問題など、
犬種特性とは違ったハナちゃんのようなタイプの犬は多いですよね。
ドッグランなどでも、みんなと遊ぶということが出来ずに逃げ回り
恐怖の怯え噛み等々で、トラブルになることも多いとか。
我が家のエトもペットショップの子であるためか
社会化ができずに大人になってしまいました。
ただ、ハナちゃんにしてもエトにしても、
飼い主さんへの独占欲はかなり強いですよね。
多頭飼いに向いている犬、向いていない犬はたしかにいて、
そういうことも考えて飼わないと・・・って、
私の場合、今更思っても遅いんですけど~(汗)

No:1702 2010/02/20 12:25 | エトママ #- URL [ 編集 ]

No title

ハナちゃん、こんなに思われて、幸せですねぇ。
junjunさんのこと、怒ってなんていないと思いますよ~。

我が家のシロも、犬嫌い(というか、犬に無関心)だったので、ハナを迎えるにあたって、かなり心配しましたが、オスとメスだったためか、すんなり受け入れてもらえました。
当たり前のように思っていましたが、ラッキーだったんですね。

ハナのお陰で、シロはとっても若返りました。
老犬のもとに、若いワンちゃんがくるのは、いい刺激になるというのは、本当ですね。

No:1705 2010/02/20 20:52 | ubazakura #xJW3mR9c URL編集 ]

皆様、レスが遅くなり申し訳ございません。

v-343ランままさん
そうですね、こうしてハナのことを綴っていくことが
ハナの供養になると思っております。
ハナは独占欲が強かったですね。人も犬もあまり好きでは
なく「飼い主(私)一筋」っていう子でした。

若い仲間が加わると本当に若返りますよね。
競争意識がでてくるのでしょう。
ハナ、あちらから笑ってこちらの様子を見てくれて
いるのでしょうか。

v-343星月きらりんさん
月命日の19日はいつもよりより多くハナのことを
思いますね。
ハナは人も犬もあまり好きではなく飼い主(私)
一筋の子でした。
留守番も多く、シニアに入り急に老け込んだように
見えましたから、私がチョコを迎えたわけなんですが
果たして、ハナにとってプラスだったのかマイナス
だったのか、、、、
答えはハナに会った時にしかわかりませんが。

きららちゃんとあづちゃんは本当に仲良しさんですよね。
きららちゃん一人だとお留守番も多いし寂しいでしょうね。
ハナ、今月も食い逃げでした(苦笑)

v-343チャコぼすさん
相性ってあるでしょうから、人間でもそうですよね。
ハナとチョコは悪いほうでしたね。
シニアの域に入ったらハナ、老け込んだようでしたし、
留守番も多いから寂しいだろうとチョコを迎えたわけ
なんですが、果たしてハナはどう思っていたのか。
それはハナに聞いてみないとわからないですよね。
私が思うほど、ハナはチョコの存在が嫌でなかったら
いいのですが~

保護したのはほんとに、真似事でして(汗)
幸い良い里親さんに恵まれてよかったです。

v-343AMママさん
二人目を迎えるって本当に難しいですよね。
アンちゃんもマリンちゃんが来て、いいこと、悪いこと
両方あるでしょうね、きっと。
幸いアンちゃん、マリンちゃんはそんなに相性も
悪くなさそうでよかったですよね。
流血事件なんてないですよね。

アルフを迎える時も少し、考えたのですが、チョコは
多頭飼いに慣れていたようだし(実際ハナがいなく
なって少し寂しそうでした)パピーを迎えたのですから
相性とかもあまり関係ないようでした。

ず~っとハナ一人だけだったら、もっと早く老け込んで
いたのは確かですね。

v-343エトママさん
ビーグルって群れに馴染みやすい犬種なんですね。
ハナは生後1ヶ月くらいで我が家に来ましたので
親兄弟と離れるのが早かったから、犬と上手く
接するということが苦手だったのでしょう。
ペットショップで購入した場合もそれと同じことが
言えますよね。
反面飼い主に対する独占欲は強いのでしょう。

エトちょんもペットショップ出身なんですね。
だから今まで仲間に加わったタイプの子と
まったく違うケロちゃんを受け入れられない
のでしょうね。

今後、二匹目を迎えるときはもっと慎重にしないと
いけないとハナが教えてくれました。
エトママさんち、もうこれ以上増えないですよね(笑)

v-343ubazakuraさん
ハナちゃんを迎えるにあたってシロちゃんとのお見合い
みたいな機会はあったのでしょうか?
シロちゃんがすんなりとハナちゃんを受け入れてくれた
ことで本当に良かったと思います。
相性が悪いと飼い主の気が休まらずに何のために
犬を飼っているのか、、、と散々悩む事になってしまいます。

ハナとチョコの相性は最悪でしたが、ハナが若返ってくれた
その点だけは本当によかったと思っています。

No:1709 2010/02/21 23:30 | junjun   #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |