アニマルコミュニケーション(後)

そもそもアニマルコミュケーションを受けるというきっかけになったのは
あるペットロスの掲示板であった。
ハナを亡くし、PCでそういったサイトを見ていて偶然にも発見したのだ。

はな17

その掲示版で私は何度も悲しみ、辛さ、苦しみ、後悔等を書き込みした。
そしてレスを下さったのがO県在住のMさんだった。
たくさんの書き込みの中でなぜか私に暖かいレスをくださった。

はな16

TVで動物と話せる女性の存在は知ってはいたが、亡くなった
動物は対象外だと思っていた。
ところがMさんから死後でもコミュケーションを受けることが
できるとの情報をいただいたのだった。
Mさんもまた重いペットロスから立ち直れてはいないのであった。


はな15

そうして楠本倫子さんに電話でのセッションをお願いしたのである。

では前回の続きの記憶を辿ってみようと思う。





私「ハナは脳に腫瘍ができ、目も見えなくなっていたように思います。
  看病中、ハナは私のこと、家族のこと、自分が今置かれている
  状況等理解できていたでしょうか?」


楠「もちろん、ハナちゃんはわかっていましたよ。看病もとてもよくして
  もらってと言っていますよ」


私「そうですか。闘病中はハナの表情が無表情だったのでハナはもう何も
  わからなくなっているのではと思っていました」



そしてもう一つの気がかり、ハナの埋葬のことについても尋ねてみた。


ペットの葬儀に無知であった私はハナの亡骸を自宅の庭に埋葬してしまった。
亡くなったのが水曜日だったために土日までは自宅に置いておけないと
判断したのだった。
葬儀をこちらの都合に合わせてもらえたり、自宅まで来てもらえるという
サービスがあることはハナの埋葬後に知ったのである。



私「実はハナの亡骸を火葬にせず、自宅の庭に埋葬してしまったのですが」

楠「踏んでしまったりしないところであればかまいません」

私「そうですか。よかったです。埋葬はよくないってネット等で見たものですから」

楠「それは飼い主さんそれぞれの考えであるので一概にいけない、よいとは言えませんよ」

私「ハナをいつも感じていたいのですが、、、」

楠「胸に遺毛を入れてペンダントか何かを付けられるといつも一緒ですよ」

私「はい、ハナの遺毛を入れるペンダントを購入します」

楠「ハナちゃんからはオレンジがイメージされます」

私「そうですか。ラッキーカラーだと思って毎日、何かしらオレンジの物を持ちたいと思います」

楠「ハナちゃんはいつも傍にいてくれています。○子さんの心の中にいてくれています。 
  ですので辛くなったらそのペンダントを握りしめてくださいね」



こうしてアニマルコミュニケーションは終わった。
ハナが亡くなってから久しぶりに大泣きしたが不思議なことになぜか心が
すっきりしたのを覚えている。
泣きはらし、目は腫れてしまったのだが。

はな14

そして今、一番思うこと。

ハナの最期にいてやれなかったことを一番後悔をしてはいるのだが、
こう思うようになった。
ハナは自分が苦しんで死んでいくのを私に見せたくなかったのではないか。
だから私のいない時間帯を選んで逝ったのではないかと。


たぶん、私がハナの苦しむ姿を見ていたら、今も普通の精神状態では
いられないと思う。今でも十分に辛いがもっともっと辛く精神的に
参ってしまっただろう。想像するに心療内科に通っているのでは
ないかと思う。薬がなければ今も眠れないだろう、仕事も続けては
いないと思う。

ハナが最後に私にくれた優しさ、そして気遣いだったかもしれない。

スポンサーサイト

2008/12/14 12:52 | ハナCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ハナちゃんの最後のとっても優しい 気づかいだったのかもしれませんね
我が子が苦しんでいる姿 まの当たりににして 普通には いられないと 私も思います
そして 埋葬の事
我が家も田舎の方ですから 庭だけは 広いお家が多いです 近所のワンコも亡くなって 自分の裏庭に埋葬したそうです やはの
いつみ身近に置きたいものです。

そしてハナちゃんのカラー オレンジ色 きっとjunjunさんが元気になれるように パワーの色なんでしょう  
元気だったころのハナちゃん やはりビーグルちゃんは 草の上の絨毯がとっても似合います

No:229 2008/12/14 10:07 | ラんまま #- URL編集 ]

★ランままさん
コメントありがとうございます。

ハナ、かなり苦しんだようなんですよv-406
旦那も男だから私にはそんなに言わないけど
トラウマになり、辛かった時期もあったようです。
闘病期間が短かった為に、まだ体力があったから
苦しんだのではないかと思うんです。素人考えですが。

そして埋葬のこと。ネットとか人に聞いたりしたら
埋葬はよくないって、、、、
掘り起こして、業者に火葬を頼もうかとも思ったのですが
ハナの亡骸のことを考えるとそれも出来ずにいました。
セッションでそう言っていただけたのでよかったですv-398
ハナのお墓は私が一生面倒みていこうと思っています。

やっぱりビーグルには緑の絨毯が似合いますよねv-424
どんなわんこよりも一番似合いますよねv-218

No:231 2008/12/15 00:33 | junjun #- URL編集 ]

チャコの気持ちを知りたいけど
私の思いと違っていたら・・と思うと怖いです。
もし辛かったとか言われたら、今度こそ立ち直れないような気がするし・・・v-393
遺毛をペンダントにするのは良いんですねv-237
junjunさんも早く良いペンダントが見つかると良いですね。
私も気持ちが落ち着いたら、自宅の庭にチャコを埋葬しようと思います。
私はあと何年、この家に住むかわからないから躊躇してたけど
でもチャコが好きだった庭が最適ですよね。
あとは私気持ち次第ですね。

No:232 2008/12/15 14:45 | チャコぼす #v6O6VgHs URL編集 ]

v-221★チャコぼすさん
コメントありがとうございます。

果たして庭に埋めてしまっていいのかずいぶん
気になっていたのですが、お話を伺うと結構お庭に
埋めていらっしゃる方もあるので安心しましたv-398
ジャックもそうなんですよv-221
先日お花を持ってお墓参りに行ってきましたv-300

AC受けるのって勇気がいりますよね。
でも私はあの時どうしても聞かなくてはどうにかなって
しまいそうでしたから。
チャコぼすさんももう少し気持ちが整理出来たら
受けられるとよいかと思いますよ。
あいたんが成長してから同時に受けるっていうのも
いいかも知れませんv-343

ペンダントはもうずいぶん前に購入しました、
すっごい安物なんですけど、自分が思った通りのを
見つけて即買いしました。いつも付けてますよv-218

No:233 2008/12/15 23:26 | junjun #- URL編集 ]

やっぱり、アニマルコミュニケーターさんに依頼するのって、ドキドキするでしょうね。
その人からの言葉を聞いて、自分が受け入れられるかも不安だし、ましてや、亡くなった子のことについて、聞きたくないこともあるかもしれない・・。
そう考えると、なかなか思い切りがつきません。

私も、実家の猫のことで、かなり苦しい思いをしましたが、今はきっとアタシ達のことを見守っていてくれるんだ、って思えるようになりました。
アタシよりも、ずっと一緒に過ごしてきた母の方がもっとつらかったと思うのですが、今は思い出話も出来るようになっています。

苦しい時、やはりその子の気持ちを分かってあげられたか、どうしてやることが最善だったのか、本当に悩むこともありますが、きっと、その子が飼い主をうらむようなことってないんでしょうね。
その子自身が選んだ最期なのかな・・って思います。

No:234 2008/12/16 00:16 | ANJELAのママ #dhgl4NAA URL編集 ]

★ANJELAのママさん
コメントありがとうございます。

AC受ける前はずいぶん緊張しました。
ハナがACさんを通じてどんなことを言うのか、
私とすごした14年間に満足していてくれたのか、
チョコの存在をどう思っていたのかも。

ご実家の猫さんのこと、お母さんと思い出話ができる
ようになったっていいことですよね。
私はまだハナのこと、誰かと話すとすぐに涙ぐんでしまうので
自分から話すことは避けています。

精一杯看病しても、どんな亡くし方をしても飼い主にとって
我が子を亡くすというのは「後悔」が付き物であるということを
ハナを通じて学びました。

No:235 2008/12/16 19:17 | junjun #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |