*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
今、思う事(東日本大震災に寄せて)
ブログ巡りをしていて見つけた本。


013_convert_20110804230253.jpg
(一冊1,000円です)


東日本大震災で被災した犬猫を預かってくださっている
ショップdogwoodさんが出版された本です。
この本の収益金はすべて東日本大震災で被害にあった犬猫の
為に使われるということです。


ここから東日本大震災について私の今思うことを書きたいと
思います。
長くなりますがよろしかったら御覧になってください。
(以下、写真は本の中の一部です)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





今回の大震災。私が○十年生きてきて一番ショックな
出来事と言えると思う。
あの悲劇から、もうすぐ5カ月が経とうとしている。


015_convert_20110804230357.jpg


いまだに行方不明になっている方が5,000人弱にものぼるという。
身元が判明していないご遺体も多くあるだろう。
5ヶ月が経とうとしている今も避難所暮らしをしていらっしゃる方、
仮設住宅に入ったら貰えていた補助金ももらえなくなり入居を
躊躇していらっしゃる方も。
入居しても生活費は自分持ちとなるため節約のためにエアコンも
付けていない方もいらっしゃると聞く。


016_convert_20110804230520.jpg


被害に合ったのは犬猫も同様である。亡くなってしまった子達、
保護されたのちに亡くなってしまった子たち。飼い主さんが判明した
子はほんの一握りであろう。
飼い主さんが判明しても一緒に暮らせないからと里親募集をしている
子達も多くいる。
保護されている子たちを預かってくださっている保護団体、ボランティアの
方々。

自分の生活もままならない中、我が子を一生懸命に探していらっしゃる
飼い主さんもいらっしゃるだろう。


家を離れずに瀕死の重傷を負いながらも家の家畜を守ったという
勇敢な犬もいた。(その子は現在も入院中である)

家の中にいた猫たちは共食いをしたような形跡があったという。


019_convert_20110804230609.jpg


そして今なお、危険区域(原発)の中にいる多くの犬猫たち。
保護団体も入れないから助けることはもちろん、ご飯をあげることも
出来ない。
政府はこのままその子たちを「餓死させろ」というのだろうか?


022_convert_20110804230658.jpg


人間のために命をささげてきた家畜も同様。
牛舎にいる牛達が皆、餌の入った入れ物に口を近づけて亡くなっていたとう
写真は衝撃的であった。
他の牛舎では力尽きて倒れている牛。そのすぐそばにやせ細りながらも
かろうじて息のある牛。
一緒にいた仲間が力尽きていくのを隣でみているいう状態はまさに地獄で
あったと思う。


024_convert_20110804230750.jpg


また水を求め、水路に落ちてもがいている牛。その水路で力尽きている牛。
群れになって道路を闊歩する牛、馬。
一番たくさん飼育されているブタ舎では、雑食であるブタが共食いをしていたという。

今、そんな中で頑張って生きていた家畜達の殺処分が行政により行われている。
生きていてよかったね、なんて言えない実情。

人命第一ということはよくわかってる。がしかし、この多くの動物達を
政府はなんとかできなかったものであろうか。


026_convert_20110804230840.jpg


東日本大震災は多くの者(物)を奪い、また多くの宿題を私達に与え、
平和ボケしている日本人に喝を入れられた出来事だと思う。

被災者の方々に「頑張って」と簡単に言えない事実。


027_convert_20110804230933.jpg


日本人、いや世界中の人の心が東北の方々の元にあるということは
間違いない事実であると思う。

長々と読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

あの2時46分から
今までの生活が突然 なくなってしまったのですから・
本当に私達が思っている以上に悲惨 そして残酷な事が沢山あるのですよね

どんな小さいな動物も命あるものです
天災には人間は無力です
でも被ばく地域の人達 そして動物達 これは 人災ですから まだまだ政府の考えがおかしいと思ってます
一日でも早く 普通の生活に戻れる事を
願ってやみません
こう言う物を見たり聞いたりするたびに
 凄く心が痛みます
命を救うのに人が優先と思っている政治家に
 とても不満感じています
 助けるのなら人も動物も平等にしてほしい

我が家も何時どうなるか解かりません
 今どうしたら三匹を守ってあげられるかを
 何時も考えてます
本のの紹介ありがとうございます
あちらちょっと覗いてきました

私たちが知る情報はほんの一部でしかありませんね
それでも その後はどうなっているのだろうと思わずにはいられませんでした
必要な支援は5カ月前とはまた違ったものになってきているでしょうね
どんな形かでできることを続けて行きたいと思います

たらればの話しは何の実も結びませんが、
この震災が民主党政権下で起こらなかったら
まだ少しはましだったかもと思わずにいられません。
何も決められず、何も進まず、
少しでも年齢の若い力ある被災者たちは今、
国をアテにすることを止めて自ら動き出しているのが現状です。
私たちはもっと怒らなくてはなりませんね。
この国の現状をもっと、世界に発信したほうがいいと思います。
日本は、他国に言われて初めて「やばい!やんなきゃ!」って思うんですから。
情け無い。
私も今まで生きてきた中で一番辛く重い出来事です、そして今もまだそこからは抜け出すことができません
一番にはもう地震がないことを願いますが
それはかなわないのですからせめてこれを教訓に同じ失敗を繰り返さない国になった欲しいと思います
。。。

ほんとに、今まで生きてきて
1番ショックな出来事でした、
子供のころ 眠れなくなってしまった8月12日の飛行機事故、
阪神淡路大震災、 911・・・
色々あったけど・・・。

今回の地震は自分も恐怖も味わったし、
あの光景は1日1回思い出してしまうし
私たちは動物のことも切なくて胸が張り裂けてしまいますね・・・

こういった本にしていただいたことで
忘れてはいけない、
毎日、死ぬまで、色んな事を考えて
生きていかなければならないことの大きな1つ、だと
改めて思います。
明るい未来に向かって
何かできることを探しながらみんな頑張ってますよね、

先日、ブログのお友達の記事で
仙台の港町の放浪猫ちゃん達を震災前から
写真を撮って雑誌などに掲載されてる
カメラマンの方が
その猫ちゃん達のポストカードをプリントして
義援金にしてる、ということを知りました。

震災前まで、港町で のどかに暮らしてた子たち、
軒先にゴハンやお水を置いてもらって
幸せにしてた子達・・・
この子達がいた、ってことを知って欲しいってこともあって
ポストカードをプリントしているそう・・・
涙がとまりませんでした、

震災がなければ
今でも のどかに暮らしてた子達、

そのことを会社で言うと
野良猫どころじゃないよ、人間が何人流されちゃったと思うの?って

そりゃそうだけど・・・
1つ1つの大切な命のことを思うと
その都度、目にしたもの、聞いたことは
胸にグサっときちゃいます、

何かの形で震災のことを知らせて下さる方には
向き合いたいと思います、

そして、少しでもチカラになりたいです・・・。

皆様 コメントありがとうございます。
v-343ランままさん
あの日、こちらでもすごく揺れて、、、
会社でテレビを付けたら信じられない光景が
画面の中にありました。
家が、車が、船が、そして人間までもが津波に
流されていく、、、
画面を見ながら、多くの小さな命も犠牲に
なったんだなって思いました。

同じ日本の中での出来事とは思えませんでしたね。

今、東北の方々は少しだけ、ほんの少しだけども
上を向いて元気になっておられるように思います。
被害に合われた方々が一番辛いのは過去のことと
して忘れ去られることだと言いますね。

自分にできることを継続して気持ちは被害に合われた方々に
寄りそって行きたいですね。

v-343junさん
今まで見たことも聞いたこともない未曾有な出来事でした。
(阪神大震災の何倍かの被害と言われていますね)

人命第一はわかります。が、今ペットも家族と考えている方が
多いですから家族と同じなんですよね。

あの写真、海を見て裸足(だったかな?)で腰を
降ろし泣いていた若い女性。
たしか5~6頭くらい犬を飼っていらしたようです。
その犬達がみな被害にあったから泣いていらした
んですよね。
その後、2頭(だったかな?)戻ってきてくれたようですが。

必ず来ると言われている東海地震、我が家、被害を
逃れられない場所になります。
姉弟は絶対に守りたいと思っています。

v-343へんりままさん
本の中には報道では知り得ないことも少し書かれて
いました。
柴犬の亡きがらもショックでしたが馬、牛、ブタの
亡きがらも、、、、
飼い主さんと再会できた、また一緒に暮らせるように
なったという嬉しい記事もありましたよ。

被災者の方々にとって何が一番辛いかというと
過去のこととして忘れ去られることだと言いますね。
継続して、自分のできることを続けて行きたいですね。
お返事の続きです。
v-343エトママさん
民主党政権、いったい何なんでしょうね。
管降ろしとか言われてますが、いったいいつ?
と言っても誰が代わりに???

若い人はもう国を当てにしていないんですね。
たくさん集まった義援金の行方も気になります。
皆さんに平等に行きわたっているのでしょうか?

そんな中、ハチヨさん、頑張っていらっしゃいますよね。
ブログ、拝見してますよ。
ハチヨさん、被害に合われた立場から非常にシビア
にブログ書かれてますよね。
(何よりハチヨさんがご無事でいらしてよかった)

私はいつでも心は東北にあります。

v-343りんみるさん
ほんとに酷い、こんなことがあっていいものかと
いう大被害でした。
まだ見つかっていらっしゃらない方がいるんですものね。
ご家族の方の気持ちを考えるといたたまれないです。

そちらも浜岡原発が止まってよかったですよね。
地震も酷かったけど、原発で被害が拡大しましたよね。
政府は日本がパニックになるといけないと思い、
隠していること、絶対にあると思います。

月並みなことばになってしまいますが、一日も早い復興を
願ってやみません。

v-343星月きらりん子☆さん
そうですね、今まで大変な事故、災害をいくつも
見聞きしてはきましたが、今回の震災ほどショックを
受けたことはありません。

家、車、船、そして人間までもが津波に浚われ
流されていったんですもんね。
まだ見つかっていない人も大勢いらっしゃる。
ご家族の心痛を思うと掛ける言葉も見つかりません。

私も会社で犠牲になったわんにゃんのこと、言いたい
けど、きらりん子☆さんと同じこと言われそうなので
言わないでぐっと胸にしまっています。

被害に合われた方々が一番ショックなのはこの震災が過去のこと
として忘れ去れるということだという事です。
いつも心は東北の方々の元に、自分にできることを
継続して行って行くことが被害に合われた方々のためだと思っています。
プロフィール

junjun

Author:junjun
FC2ブログへようこそ!
亡きハナを思いつつ、2歳で我が家に迎えたコーギーのチョコ保護犬から生まれた腕白アルフと暮らす日々。そんな中ご縁があって妹クルミが仲間入り♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
いつでも里親募集中
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

895位
アクセスランキングを見る>>